ストーカー 対策 被害

安易なSNSが住所や職場がバレる原因に!

小学生でも20%近くの子がスマホを持ち、高校生になると90%近くが手にするスマホ。

 

ラインやフェイスブック・ツイッター・インスタグラムなど、常に友達と24時間繋がる環境であり、今日の出来事や告知など、今の状況を簡単に友達などに教えることが出来るのが魅力です。

 

実際に、若い世代の画像や動画を投稿してる方は非常に多く、友達同士でワイワイと楽しまれていると思います。

 

ただ、ここに落とし穴があるのです。

 

職場や学校・住所は簡単にバレる!

 

画像や動画を投稿することで、簡単に住所や学校などがバレます。

 

学校名は伏せても制服で簡単に割り出せますし、動画になるとどこで撮っているのかも簡単に推測できます。

 

また、画像にはGPSをつけていることも多く、この機能を切らないままアップしてしまうと、写した日・時間・場所が全て特定されてしまいます。

 

身内で楽しめるSNSですが、これによってストーカー被害で悩まれている方も非常に多いのです。

 

画像や動画がなくてもバレる!

 

フェイスブックやツイッターなど、自分の情報を極力出さないようにしても、残念ながら居場所などを特定されることがあります。

 

なぜなら、あなたがいくら自分の情報を公開しなくても、あなたの友達が色々と情報を公開することで、全てが丸裸にされてしまうからです。

 

ですが、友達以外公開していないから・・・と思われるかもしれませんが、フェイスブックの場合、友達の友達だと見れたりします。

 

他のSNSも限定公開にしていても、やはりバレる可能性は高いです。

 

なぜなら、限定公開にしても、あなたをフォローしている方が自身のSNSで紹介などする可能性が非常に高いからです。

 

つまり、SNSをやっている以上、やはりある一定の危険が付きまとうのは間違いありません。

 

対策や解決方法

 

多くの専門家が色々と指摘していますが、正直あまりあてになりません。

 

なぜなら先ほども言ったように、一度アップしてしまえばどのような人に見られているのかわからないからです。

 

アップした写真を消しても、その前に他の人にダウンロードされれば消しても意味がありません。

 

リベンジポルノなどはその典型的な例です。

 

では、対策と解決方法はないのかですが、現状最善といえるものはやはりSNSをしないことです。

 

ですが、今は情報社会であり、友達や上司などの付き合いでSNSは必須に近いと思います。

 

楽しいことはみんなで共有したいと思いますし、時代が時代なので仕方ないことだと思います。

 

そのため、対策としては出来る限り自宅周辺での写真や動画・お店などを公開しないこと。

 

また、写真や動画をアップするときはGPS機能を切り、アップする時間をずらすことです。

 

もちろん、自身の個人情報は出来る限り公開は控えることが予防と対策になります。

 

SNSのストーカー規正法

 

2016/8現在のストーカー規正法では、SNSによる被害は対象に入っていませんでした。

 

しかし、ここ数年のストーカー被害の原因の多くはSNSによる被害であり、国の動きが遅すぎることは否めません。

 

ですが、このストーカー規正法が改正されることで、ある程度の対策はできるようになります。

 

ただし、過信は厳禁!

 

SNSのストーカー規正法がまもなく可決すると思いますが、正直な話、警察は当てに出来ません。

 

民事には警察は介入してこないので、被害がでるまでは本格的に動いてくれないからです。

 

ただし例外もあります。

 

それは芸能人などの有名な人の場合は、すぐに動いてくれますが、一般人の私たちの場合は動いてくれません。

 

何度が相談すればストーカー相手に注意喚起してくれますが、今までも色々とストーカー規正法が改正されてきましたが、被害は増える一方です。

 

相手を逆上させるケースも多々あり、今までは身に危険がなかったものが悪化するケースも増え、自身のことはやはり自分で守る必要があります。

 

被害にあってからSNSを消しても遅い

 

被害にあってフェイスブックやツイッターをやめた方も多いですが、一度住所などがバレてしまうと、消したところでストーカーからは逃げることは出来ません。

 

危険を感じても、常に誰かに守ってもらえる状況は難しいですから、早目はやめの対策がとても大切になってきます。

 

両親や友達に相談することで危険が及ぶのでは・・・と心配されて、誰にも相談しない方も多いのですが、それだとあなた自身が相当危険な状態に巻き込まれてしまいます。

 

この状況だと出来る限り周りの人に相談し、警察にも相談するべきです。

 

ただし先ほども言いましたが、警察は何かあってからではないと本格的には動きません。

 

ただ、パトロールくらいはしてくれますので、ストーカーをけん制する意味では効果があると思います。

 

あとは探偵事務所に相談することもオススメです。

 

あまり知られていませんが、探偵事務所はストーカー対策を専門にされているところも多いのです。

 

相手を割り出し、全てを押さえるので、物的証拠なども取れることが多いので、警察に相談するときにも有効になることがあります。

 

また、交渉術も非常に優れているため、一刻も時間の猶予がない方の場合、利用することをオススメします。

 

ただし、適当な金儲けをしている探偵事務所ではお金を取られるだけなので、きちんとしたところに調査を依頼することが大切です。

 

当サイトがオススメするのは、テレビでも有名な探偵事務所なので、安心してお願いすることが出来ます。

 

ストーカー対策のプロにお任せ
▼TVでおなじみの探偵事務所▼

↓  ↓  ↓  ↓